三菱マヒンドラ農機

機械の状態管理と
作業記録がドッキング

三菱マヒンドラ農機

三菱マヒンドラ農機の提供する「MITサービス」は、農機に搭載した通信機器が農機の位置と稼働情報を無線通信を利用しクラウド上に蓄積。その情報をもとにお客様の農機をサポートするIoT機械稼働監視システムです。機体センサやアワメータなどの稼働情報を通信機器であるMIT端末が読み取り、クラウドからお客様にPC端末を通してわかりやすく伝えます。

アグリノート上で
農機情報・状況を確認

「アグリノート」と「MITサービス」の連携により、
農機の稼働情報・状態をアグリノート上で確認・閲覧・管理は もちろん、農機の稼働状況に応じた農作業記録を自動で保存します。

アグリノート×三菱マヒンドラ農機「MITサービス」

作業記録業務の労力を
大幅に削減

作業記録をつける労力が大幅に削減され、
作業の効率アップが見込まれます。

アグリノート農機連携イメージ図

農機の稼働状況をマップ上で再現軌跡表示・再生機能

農機に搭載のMIT端末が農機の動きを読み取りクラウドサーバーに送信。アグリノートと連携することで農機の稼働内容に則した記録が手軽に作成できるMITサービス連携に、あらたに農機の軌跡再生機能が登場!農機の動きをマップ上で再現し、圃場内を農機がどのように動いたのかをご覧いただけます。

農機の現在位置をマップでチェック位置情報・農機情報表示

農機の現在地をマップにアイコンで表示。今どこに農機がいるのかひと目で把握できます。アイコンをクリックすると残燃料が確認できるので、給油前のチェックもアグリノート上で可能に。農機の「今」を手軽に確認していただけます。

農機の状態を常時確認メンテナンス情報表示

農機情報メニューからいつでも連携農機の状態確認が可能に。部品の状態が常時確認できるので、メンテナンスのタイミングを逃さず対応できます。また機械の転倒を検知した際のプッシュ通知にも対応。即時に転倒位置が確認できます。

コスト・品質・収量の
見える化

作業記録はデータとして分析・活用しやすく、
圃場1枚毎のコスト・品質・収量の見える化が実現。
皆さまの営農を強力にサポートします。

コスト・品質・収量の見える化

連携機種一覧

トラクタ
GA300GA450GAK300GAK500
GA330GA500GAK330GAK550
GA360GA550GAK360GCR1380
  GAK450 

※連携機種の追加・変更となる場合があります。詳しくは下記MITサポートセンターにお問い合わせください。

三菱マヒンドラ農機

お申込み・連携利用手順

  • MITサポートセンター0120-937-665(受付時間|月~金 9:00~17:00)

    『MITサービス』に申込

    MITサポートセンターに『MITサービス』の利用を申し込みます

  • MITサービスアカウントが発行されます

    MITサービスアカウントが発行されます

    MITサービスの利用登録が完了すると、MITアカウント(ID、パスワード)が発行されます

  • アグリノートから連携を設定

    アグリノートから連携を設定

    アグリノートにログインし「マイページ」からMIT連携を設定します。 [MITサービスを利用開始]をクリックして、MITアカウントを入力します。

※あらかじめアグリノートにご登録いただき、アグリノートID、パスワードをご用意ください

お問い合わせ・お申込みはMITサポートセンター
(受付時間|月~金 9:00~17:00)

0120-937-665

利用規約はこちら 新規登録フォームへ