井関農機

これからの農業を
新たなステージへ

井関農機

井関農機の提供する「ISEKIアグリサポート」は、機体センサーの情報を ユニットが読み取り、オペレータにタブレット端末やスマートフォンを通して農機の状態や圃場毎の作業履歴をわかりやすく伝えます。
情報の記録や蓄積したデータの見える化を行うことで、情報管理・共有等に役立ち、お客さまのより良い農業経営をサポートします。

アグリノート上で
農機情報・状況を確認

「アグリノート」と「ISEKIアグリサポート」の連携により、アグリノート上で農機の稼働情報・状態が確認でき、農機の稼働状況に応じた農作業記録を自動で記録します。

アグリノート×井関農機「アグリサポート」

作業記録業務の労力を
大幅に削減

これまで敬遠されていた作業記録業務の労力を
大幅に削減し、記録をつける手間を軽減します。

アグリノート農機連携イメージ図

農機の稼働状況がわかる
軌跡表示・再生

『ISEKIアグリサポート』が取得した農機の稼働内容を見える化!圃場内をどのように農機が動いたのか、マップ上に軌跡を表示します。
農機の操作状況を動画で確認できるので、運転技術の向上などにもお役立ていただけます。

農機の「今」がわかる
位置情報・農機情報表示

『今どこに農機がいるのか、農機の現在地をマップ上にアイコンで表示。いつでもひと目で確認できます。アイコンをクリックすると乗務中の作業者や残燃料、コンバインではグレンタンクの容量も確認可能に。農機の「今」をチェックしていただけます。

コスト・品質・収量の
見える化

データとして分析・活用できる記録の登録を通じて、
これまで生産者の皆さまの課題となっていた
圃場1枚毎のコスト・品質・収量の見える化を実現します。

コスト・品質・収量の見える化

圃場の“クセ”を可視化する
圃場分析機能

コンバインの収量情報、田植え機の作土深・土壌肥沃度情報など、農機の稼働記録と合わせてわかりやすく表示します。作業記録のタイムライン表示上で確認できるので、実施と改善後の比較や作業計画の検討に役立てていただけます。

連携機種一覧

トラクタ田植機コンバイン
TJW1233TJV985NTA603NP80可変施肥機(FV型)HJ7130
TJW1153TJV885NTA543 HJ6130
TJW120TJV755NTA503 HJ6115
TJW108TJV655NTA453 HJ5101
 TJV983NTA403 HJ7123(収量センサー仕様)
 TJV883  HJ6123(収量センサー仕様)
 TJV783  HJ6098(収量センサー仕様)
 TJV703  HJ5098(収量センサー仕様)
 TJV623  HJ4075(収量センサー仕様)
(以下オプション)(以下オプション)(以下オプション)
TJX973NTA343NT603NP80(直進アシスト仕様)HJ7123
TJX873NTA313NT543NP80HJ6123
TJX743NTA303NT483 HJ6098
 NTA283NT433 HJ5098
 NTA253NT343 HJ4075
  NT313 HFR575
  NT283 HFR463
  NT253 HFR450

※連携機種は、追加・変更となる場合があります。詳しくは井関農機販売店にお問い合わせください。

井関農機

お申込み・連携利用手順

  • 『アグリサポート』をダウンロード

    『ISEKIアグリサポート』をダウンロード

    Google Playストアから『ISEKIアグリサポート』をダウンロードし、インストールします。

  • アグリサポートからアグリノートに連携ログイン

    ISEKIアグリサポートからアグリノートに連携ログイン

    ISEKIアグリサポートを開き、同期からアグリノートとの連携に進みます。

  • データ同期~連携スタート!

    データ同期~連携スタート!

    データの同期がはじまり、[認証状態:連携済み]と表示されたら連携開始です!

※ISEKIアグリサポートはiOSには対応しておりません
※あらかじめアグリノートにご登録いただき、アグリノートID、パスワードをご用意ください

利用規約はこちら 新規登録フォームへ