買い手の声

アグリノート米市場買い手の声株式会社 ミツハシ

新たな米取引の仕組みを、私たちと一緒に作りましょう!

株式会社 ミツハシ株式会社 ミツハシ
1951年の創業以来、ミツハシライスはお米を取り巻く様々な業務に関わり続けてきました。「コメの一貫メーカー」として、仕入れから生産、品質管理、販売にいたるまでを自社で行う、万全の供給体制を確立しています。

アグリノート米市場でのお取引はいかがでしたか

一度に多くの生産者の皆さんに買取希望内容をご覧いただけるのはやはり便利です。オファーリクエストから生産者の皆さんの意向や相場感を把握できるのも良いですね。「増額提案可」としたオファーに対し、どのくらいのプラスを期待されているのかを見ると相場をイメージしやすいです。

アグリノート米市場を通じて買ったお米はどのような形で消費者に届けられますか

関東圏の量販店やコンビニ・レストランチェーン等を中心に、消費者の皆様にお届けしております。

アグリノート米市場に期待することをお聞かせください

サービス開始前の実証運用ではトラブルもなく取引できたので、同じように継続して運用できることと、今はまだ成約件数は多くありませんが、今後増えてくることに期待しています。システム面ではアグリノート米市場内で価格交渉まで完結できたら、より便利に活用できそうですね。

生産者の皆さまへ

買い手としては安く買いたく、売り手からすると高く売りたいのは当然のことですが、確実に私たち米卸を通じて皆様のお米が消費者の皆様に届けられる取引として、「アグリノート米市場」を上手く活用して頂ければと思います。私たちもアグリノートで確り管理されたお米を契約させて頂ける取引として「アグリノート米市場」に期待しております。また、消費者の皆様のニーズにこたえる為に、契約栽培も取り組んでおりますので、私たちが求めるお米を作って頂ける生産者の方も大歓迎です。

担当:笹山部長、前野課長代理
(インタビュー:2021年3月24日)

アグリノート米市場がつくる新しい「お米の市場」をご体験ください

zoom などWeb会議形式でのご説明も承ります

こんな方はお気軽にお問い合わせください。
  • 担当者と話をしたい、まずは話を聞きたい
  • 操作に不安があるので、使い方を教えてほしい
  • 実際の取引の流れについて、詳しく確認したい など

運営会社概要

営農支援ツール『アグリノート』の提供開始からまもなく10年。
アグリノート米市場は、生産者の皆様の声をもとにサービスを提供する
ウォーターセル株式会社が運営いたします。

会社名ウォーターセル株式会社
設立2011年7月14日
代表取締役社長齋藤 達也
取締役ファウンダー長井 啓友(IPA 情報処理推進機構 認定 未踏スーパークリエータ)
事業内容農業情報プラットホーム/農業支援システム「アグリノート」の開発・運営
取得認証ISO27001(ISMS)
情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS):ISO/IEC 27001