アグリノート米市場

アグリノート令和3年産、続々成約中!令和3年産、続々成約中!

アグリノート米市場はオンラインでお米の契約栽培を仲介するサービス。買い手探しの手間や相場の変動リスクを低減し農業経営の安定化を支援します。

新着情報

アグリノート米市場とはアグリノート米市場とは

アグリノート米市場(こめいちば)は、米生産者の「売りたい」と米卸業者の「買いたい」をつなぐサービスです。

サービス紹介動画

アグリノート米市場がつくる新しい『米市場』アグリノート米市場がつくる新しい『米市場』

アグリノート米市場がつくる新しい『米市場』のイメージ。米卸業者のオファー登録と農家のオファー確認で条件が合ったら契約成立アグリノート米市場がつくる新しい『米市場』のイメージ。米卸業者のオファー登録と農家のオファー確認で条件が合ったら契約成立

アグリノート米市場3つのポイントアグリノート米市場3つのポイント

  1. 契約栽培で安定経営を実現!
    最大約1年後に収穫期を迎えるお米の銘柄・価格・数量などをあらかじめ契約することで、計画的な生産や経営の安定化を支援します。
  2. 大手米卸業者などと継続的な直接取引が可能!
    買い手として、全国展開する複数の有名米卸業者が参画。容易に直接取引が実現します。取引実績をもとに、非公開のオファーが届くことも。
  3. 米市場が代金収納を代行するので安心!
    引き渡したお米の検収後、アグリノート米市場から代金を振り込みます。買い手からの代金収納をアグリノート米市場が代行するので、未払いなどの心配がありません。

詳細は取引条件およびよくある質問をご覧ください

ご利用ユーザーの声

参加米卸業者参加米卸業者

  • 株式会社神明
  • ミツハシライス
  • ヤマトライス
  • 日本ブライス株式会社
  • 大榮産業株式会社
  • 心にひびくおいしいお米おくさま印(幸南食糧株式会社)
  • 株式会社名古屋食糧

契約成立までの流れ

  1. サービスの利用開始
    アグリノート内のリンクからアグリノート米市場にアクセス。利用規約に同意して、利用開始です。
  2. 取引したいオファーの選択
    表示されるお米の買取オファーから、取引したいオファーを選択して回答。
    仮成約の新規取引が作成されます。
  3. 仮成約の取引を双方で承諾
    仮成約の取引の相手方名や内容を確認して、問題がなければ承諾します。
    買い手も承諾すると成約となります。
  4. 成約(契約成立)
    双方が承諾し、取引内容が合意できました。これで成約(契約成立)です。

米市場へのアクセスはアグリノートから!米市場へのアクセスはアグリノートから!

※米市場のご利用にはアグリノートの利用登録が必要です

パソコンをご利用の場合

  1. アグリノートのログイン後画面
    パソコンブラウザ版アグリノートにログイン
  2. 米市場アイコンの位置
    画面右上の【米】アイコンをクリック

モバイルをご利用の場合

  1. アグリノートアプリ起動後の画面
    アグリノートアプリを開く
  2. メニュー画面への遷移
    画面右下【≡メニュー】をタップ
  3. メニュー画面
    【アグリノート米市場】をタップ

アグリノート利用登録がお済みではない方

アグリノートの利用登録をして、米市場をのぞいてみよう!アグリノートの利用登録をして、米市場をのぞいてみよう!

ご利用条件
アグリノートの無料ユーザーの方は、買取オファーの閲覧のみ可能です。
アグリノートの有料ユーザーの方は、実際の売買への参加が可能です。
その他、ご利用条件については、よくある質問をご覧ください。
標準取引条件
取引する米は検査後の玄米を基本とします(未検米へのオファーが出されることもあります)。
取引単位は1口あたり約200俵、大型トラック1台分になります(実際の取引量は荷姿により前後します)。
オファーは原則、1ヶ月に1度、毎月8日に公開され、月末までの約1ヶ月間、販売申込が可能です(時期によって公開期間が短くなることがあります)。
生産者様の米の保管場所または検査場所に、大型トラックで引取に伺います(検査場所での引取日時や場所は別途調整となります)。
検査後7日前後での引取を基本としますが、生産者様側での保管期間により、価格が上下します(例 :3日で引取となると若干買取価格が低くなり、1ヶ月以上保管できると、買取価格が高くなります)。
代金は生産者様のお手元から玄米が発送されてから、およそ10日前後でアグリノート米市場からご指定口座にお振込みいたします。
その他、よくある質問もご覧ください。

本サービスの内容は予告なく変更する場合があります。

農林水産省「AI・データ契約ガイドライン」への
対応について

2020年3月に策定された農林水産省の「農業分野におけるAI・データに関する契約ガイドライン(以下「ガイドライン」)」の内容を踏まえ、2021年3月30日付でアグリノート米市場の利用規約を改定しました。
改定後のアグリノート米市場の利用規約は、以下の点で相違がありますが、ガイドラインに準拠しています。

【相違点】
ガイドラインでは弊社におけるデータの利用状況について利用者が監査できる旨の記述がありますが、アグリノート米市場の利用規約では、利用者からの問合せに応じて利用状況についての情報を提供できる窓口を設置することにより代替しています。

改定後のアグリノート米市場の利用規約はこちらをご覧ください。

アグリノート米市場資料ダウンロード

オンライン説明会等でご覧いただいた資料を公開しております。

アグリノート米市場資料のイメージ図