お米農家の皆さん必見!インターネットで実現する新しいお米のマーケット アグリノート米市場は、買い手探しの手間や相場の変動リスクを軽減し、農業経営の安定化を実現します。

ユーザーの皆さまの声にお応えして、大幅なアップデート!

事前契約に加えて現物契約にも対応!米の運送手配のデジタル化も!

このような不安はありませんか?

収穫時期までいくらで売れるかわからないのは不安。作期分散してみたいけど、売れるかわからない銘柄を作れない。信頼できる相手を見つけるのは大変そう。でも最近お米の価格、下がっているからな…。

「今のままではいけない」「どうにかしなければいけない」と感じている方

その不安、アグリノート米市場で解消できます!

アグリノート米市場は、世界初のオンラインで売り手と買い手をつなぐサービスです!

米市場は、播種前から契約(事前契約)がスタートします!

事前契約

現物がない時期(お米においては播種前から収穫前までの間)に、売り手となる生産者と買い手となる米卸業者および実需者間で売買契約を結びます。
生産者にとっては、需要に応じた生産・販売に取り組むことで、あらかじめ販売先や数量の見通しが立ち経営の安定化に繋げられます。

米の事前契約研究会について

国もすすめているお米の「事前契約」

安定取引に向けた取組は着々と進められています
業者取扱数量に対する事前契約比率 出典:農林水産省「米穀の取引に関する報告」(年間取引数量5,000トン以上の集出荷業者)

もう相場に振り回されるのはやめませんか?

売れ残りを発生させないためにも買い手がほしいお米を「事前」に知って栽培すること大事です!

  • 事前契約に取り組んだことがないんだよな…
    売り手となった生産者の方には、アグリノート米市場ではじめて事前契約を行ったという方も多く、事前に売上が決められたことで生産に集中できたという声が多く聞かれます。
    銘柄・価格・数量をあらかじめ決めることで、計画生産や経営の安定化にお役立てください。
  • インターネットの取引って何となく不安だな…
    アグリノート米市場に参画されている買い手は、年間何万トンも取り扱う大手米卸や実需の方ばかりなので、安心してお取引いただけます。
    問題が生じたときはアグリノート米市場が解消に向け仲介します。ご不明な点はいつでもお問い合わせください。
  • 商品の引き取りはどのように行われるのだろう…
    売り手が指定した引渡可能日(検査が完了し確実に出荷できる日付)から7日以内に、12トントラックが指定場所に集荷に伺います。
    ※30日保管、60日保管等の条件での契約の場合もあります。
    ※トラックへの積込は、売り手にて行っていただきます。
  • お米の代金はちゃんと振り込まれるのかな…
    アグリノート米市場を運営するウォーターセル株式会社が玄米代金の収納を代行します。
    買い手は大手米卸や実需者なので、未払いなどの心配はいりません。

アグリノート米市場はココが違う!

アグリノート米市場の3つのポイント

  1. 契約栽培で安定経営を実現!
    最大約1年後に収穫期を迎えるお米の銘柄・価格・数量などをあらかじめ契約することで、計画的な生産や経営の安定化を支援します。
  2. 大手米卸業者などと継続的な直接取引が可能!
    買い手として、全国展開する複数の有名米卸業者が参画。容易に直接取引が実現します。取引実績をもとに、非公開のオファーが届くことも。
  3. 米市場が代金収納を代行するので安心!
    引き渡したお米の検収後、アグリノート米市場から代金を振り込みます。買い手からの代金収納をアグリノート米市場が代行するので、未払いなどの心配がありません。

もう少し詳しく
聞いてみたい
という方はこちら

お問い合わせはコチラお問い合わせフォームへ移動します

「実際の取引画面を見てみたい」けど、アグリノート利用登録がまだの方はこちら

まずはご利用方法の確認

アグリノート米市場がつくる新しい『米市場』

成約までの流れ

成約までの流れ
  1. オファー登録
    お米の買い手から、年産、銘柄、等級、1俵(60kg)あたりの買取単価などの条件を示す、買付条件(オファー)が登録されます。
  2. オファー確認
    お米の売り手は、画面上のオファーの中から自分に合う条件のオファーを選択して、取引を申し込みます。
  3. 契約成立
    売り手からの取引の申込に対して、買い手の承諾など条件がまとまれば、契約成立となります。

※オファーによっては、売り手から買取単価の増額を提案することもできます

成約に関する質問はコチラ

成約後の納品から入金までの業務もアグリノート米市場で一元管理できます

成約までの流れ
買い手のメリット
配送手配が米市場システム上で完結
PCやスマホからの情報入力、確認が可能
電話やFAXでのやり取りの減少
クラウドで情報が管理されているので、業務引き継ぎが容易
売り手のメリット
収穫作業中や作業の合間でも、PCやスマホから入力や状況確認が可能
代金の振込状況は米市場上で確認が可能
受渡に関する質問はコチラ

ご利用時の注意事項

〜標準取引条件〜

取引するお米について
原則として検査後の玄米が対象です。(未検米のオファーが出ることもあります)。
取引の単位や取引数量について
取引は1口(くち)単位です。1口あたり約200俵、大型トラック1台分です。
実際の取引数量は、包装形態(紙袋、フレコンなどの荷姿)により前後します。
アプリ内に表示されている単価(金額)は、税込、および包装資材代金、検査代金込みの金額です。
運賃は、買い手負担となりますので、売り手がどこかに運ぶ必要はありません。
お米の引取と代金振込みについて
取引するお米は、原則として買い手が手配する大型トラックで、売り手が指定する場所(お米の保管場所や検査場所など)に引取に伺います。なお、運賃は買い手が負担します。
検査後7日程度での引取を基本としますが、オファーによっては、検査後30日や60日などより長い期間の保管について、売り手から申し出ることができます。売り手からの申し出を買い手が承諾すると、保管期間により、買取価格が高くなります。
具体的な引取日時や場所は都度調整となります。
売買代金は、売り手からのお米の引取後8営業日以内に、ご指定の口座に振込みます。
利用料金について
お米の売り手の利用料金は、無料ですが、ご利用には「アグリノート」への登録が必要です。
アグリノートのご利用プランによって利用条件が異なります。無料プランでのご利用の場合は、買い手からのオファーの閲覧のみ、有料プラン*でのご利用の場合は、オファーへの回答 (売買契約への意思表示)ができます。
ご成約後の検査代及び包装資材代は生産者(売り手)負担、運送費は買い手負担となります。
その他、ご利用条件については、よくある質問をご覧ください。
買付オファーの公開期間について
オファーは原則、1か月に1回、毎月8日(休日の場合は翌営業日)に公開され、月末までの約1ヶ月間、取引の申込が可能です。
時期によっては、1か月に2回のオファーが公開されることがあります。その場合、1回あたりの公開期間が短くなります。
  • ※その他、よくある質問もご覧ください。
  • ※本サービスの内容は予告なく変更する場合があります。

買い手の声

大榮産業株式会社

互いに有益な、幅広い商品による良好なお取引に期待しています。

アグリノート米市場を通じて、業務用向けの玄米を愛知、三重、岐阜周辺の方からの仕入を考えております。
弊社で集めきれていない玄米の仕入を随時しておりますので、屑米なども含め幅広くオファーリクエストをいただければと思います。

大榮産業株式会社

株式会社 ミツハシ

新たな米取引の仕組みを、私たちと一緒に作りましょう!

買い手としては安く買いたく、売り手からすると高く売りたいのは当然のことですが、確実に私たち米卸を通じて皆様のお米が消費者の皆様に届けられる取引として、「アグリノート米市場」を上手く活用して頂ければと思います。
消費者の皆様のニーズにこたえる為に、契約栽培も取り組んでおりますので、私たちが求めるお米を作って頂ける生産者の方も大歓迎です。

株式会社 ミツハシ

株式会社 神明

継続したビジネスとして、長くお付き合いできる生産者の方を求めています。

アグリノートで栽培過程を記録・管理されている生産者の方には、品質はもちろんのこと、農業を魅力あるビジネスと捉えられている方が多いのでは、と感じています。
良い時も悪い時もありますが、継続的に長くお付き合いできたら嬉しく思います。

株式会社 神明

多くの買い手の皆さまに参加いただいています※一部抜粋

  • 株式会社神明
  • ミツハシライス
  • ヤマトライス
  • 日本ブライス株式会社
  • 大榮産業株式会社
  • 心にひびくおいしいお米おくさま印(幸南食糧株式会社)
  • 株式会社名古屋食糧

もう少し詳しく
聞いてみたい
という方はこちら

お問い合わせはコチラお問い合わせフォームへ移動します

「実際の取引画面を見てみたい」けど、アグリノート利用登録がまだの方はこちら

まずはご利用方法の確認

ご利用開始までの流れ

米市場のご利用には、アグリノートの利用登録が必要です

パソコンをご利用の場合

  1. アグリノートのログイン後画面
    パソコンブラウザ版アグリノートにログイン
  2. 米市場アイコンの位置
    画面右上の【米】アイコンをクリック

モバイルをご利用の場合

  1. アグリノートアプリ起動後の画面
    アグリノートアプリを開く
  2. メニュー画面への遷移
    画面右下【≡メニュー】をタップ
  3. メニュー画面
    【アグリノート米市場】をタップ

疑問や不安を解消

アグリノート米市場に関して、疑問や不安をお持ちの人は以下のQ&Aをご覧ください!

  1. 代金はどのように支払われますか?
    代金のお支払いは、玄米の引渡日から8営業日以内に、アグリノート米市場からご指定口座にお振込みいたします。アグリノート米市場は、事前(引渡場所で運送業者がお米を引き取った時点)に買い手から玄米代金をお預かりし、現品が米卸業者の指定場所に到着して検収終了を確認したのちに速やかにお支払い手続きをいたします。
  2. 米袋(紙袋・フレコン)の手配はどうしたらいいですか?
    配送中の破袋等によるトラブルを避けるため、農作物検査法に基づく「農作物規格規程」に定められたものをご使用ください。
  3. 農産物の検査はどのように受ければよいですか?
    生産者が所有する倉庫で検査をおこなう手続きに関する相談のほか、お近くの検査業者などをアグリノート米市場がご紹介いたします。
    その際検査業者の調査に時間を要すること、検査料を含めご要望に沿えない場合もございます旨、あらかじめご了承ください。
    なおアグリノート米市場を運営するウォーターセル株式会社は、検査資格を有しておりません。
  4. アグリノート米市場で成約したのち、実際にお米はどのように運ばれるのですか?
    買取オファーへの回答時に登録いただいた引取情報および支払情報に基づき、買い手側がお米の集荷手配を行います。
    買い手側は、一般的なお取引における電話・FAXでの配車手配や書類のやりとりが不要になり、事務作業が大幅に削減できます。売り手側も同様に、電話・FAX等での諸連絡の手間なく出荷準備ができます。
    集荷や支払いなどの詳細情報や経過はアグリノート米市場上でいつでも確認できるので、状況把握に気を揉む心配はありません。
  5. 運送料金はかかりますか?
    集荷および配送料は買い手側が負担いたします。
  6. 引渡予定日に契約数量が出荷できなくなりました。どうすればいいですか?
    アグリノート米市場サポートセンター、もしくはアプリ上で表示される緊急連絡先電話番号までご連絡ください。

その他のFAQは下記をご覧ください

農林水産省「AI・データ契約ガイドライン」への対応について

2020年3月に策定された農林水産省の「農業分野におけるAI・データに関する契約ガイドライン(以下「ガイドライン」)」の内容を踏まえ、2021年3月30日付でアグリノート米市場の利用規約を改定しました。
改定後のアグリノート米市場の利用規約は、以下の点で相違がありますが、ガイドラインに準拠しています。

【相違点】
・ガイドラインでは弊社におけるデータの利用状況について利用者が監査できる旨の記述がありますが、アグリノート米市場の利用規約では、利用者からの問合せに応じて利用状況についての情報を提供できる窓口を設置することにより代替しています。

改定後のアグリノート米市場の利用規約はこちらをご覧ください。

アグリノート米市場がつくる新しい「お米の市場」をご体験ください

zoom などWeb会議形式でのご説明も承ります

こんな方はお気軽にお問い合わせください。
  • 担当者と話をしたい、まずは話を聞きたい
  • 操作に不安があるので、使い方を教えてほしい
  • 実際の取引の流れについて、詳しく確認したい など

運営会社概要

営農支援ツール『アグリノート』の提供開始からまもなく10年。
アグリノート米市場は、生産者の皆様の声をもとにサービスを提供する
ウォーターセル株式会社が運営いたします。

会社名ウォーターセル株式会社
設立2011年7月14日
代表取締役社長齋藤 達也
取締役ファウンダー長井 啓友(IPA 情報処理推進機構 認定 未踏スーパークリエータ)
事業内容農業情報プラットホーム/農業支援システム「アグリノート」の開発・運営
取得認証ISO27001(ISMS)
情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS):ISO/IEC 27001